実力有段者にあこがれて

将棋で実力有段者を目指すブログです。 将棋ウォーズメインで指してます。実戦は長期間のブランクがありましたが、将棋ウォーズ始めて1ヶ月の2015年12月13日に初段になりました。

将棋ウォーズの降段(降級)について

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋ウォーズで指した自分の将棋を解析してみると、まあ形勢判断のグラフは1局に数回はジグザグしていて、つまりどちらにも必ずチャンスが訪れるのが我々初段クラスのようです(笑)
恐らく高段者になればなるほど逆転は稀で徐々に差がついて押し切るようなグラフになってる気がします。特に将棋ウォーズは早指しの切れ負けですから最後まで諦めなければ何が起こるか分からない要素はありますが、いくら早指しとは言え2,000点近い差がついた局面も普通に逆転したりするのは情けないというか笑えないですね(´ω`;)

とにかく今は一手バッタリになるような悪手を極力指さないようにする事が目標でしょうか。


さて、今回は将棋ウォーズの降段条件について調べて見ました。
将棋ウォーズの昇段・昇級については達成度が100%になれば自動的に昇段・昇級するので比較的分かりやすいのですが、降段・降級については公式サイトのQ&Aで「ほとんどありませんが、全くないわけではないです。」としか書かれていません。つまり、滅多に降段・降級は無いようですが具体的な事は書かれていないので色々調べて見ました。


結論から先に言うと、そのクラスで500敗しており、かつ、達成率が0%になると降段・降級するようです。しかし、以前は100敗かつ達成率0%だったようなのでいつかまた条件は変更になる可能性があります。この降段・降級条件のソースはTwitterの公式アカウントのつぶやきが元になっているようです。

将棋ウォーズ
いずれにしても降段条件が大幅に緩やかになったのは歓迎です(笑)
元々達成率が0%になっただけでは降段・降級しないだけでも緩いとは思いますが、僕なんかは1日に何局も指しませんし、普通に考えたら500敗を喫しようと思えば1,000局程度は指さないとこの条件に合致しないので当分は降段の心配はしなくて済みそうです。


いや~、これで伸び伸び指せますε-(´∀`*)ホッ


しかし、将棋ウォーズフリークの皆さんだと1,000局なんてあっという間なんでしょうね。
毎日何十局も指してる強者もいますし、ほとんどの人は1年で1,000局は達成しているのかも知れません。達成率も調子の波で結構変動するようですし、目に見えないだけで毎日意外と降段・降級は出現しているような気もします。そしてもう少し突っ込んで調べて見ると、降段・降級すると段級位が一つ下がるのはもちろん達成率も20%程度になるようです。つまり初段から1級に落ちると1級の達成率20%から昇段目指して頑張らないといけないって事です。これは驚愕の事実でした。だって20%から100%にしようと思うと高い勝率を誇っていても相当な時間を掛けて指さないと達成出来ないのはリアルで指している皆さんが一番よく分かっていると思います。


昇段・昇級した時も登録直後を除けば達成率は20%程度になっているので、将棋ウォーズでは例えば1級から初段に昇段した人と二段から初段に降段してきた人と同じ強さと考えているようです。うーん、、、これは興味深い事実ですがぶっちゃけ降段・降級して達成率が20%を見たらちょっとやる気無くしますよね(´ω`;)


あと、降段したら免状申請は出来なくなるのかって事ですがググっても分かりませんでした。過去の最高段位で申請出来ればとは思うのですが、こればっかりは運営に問い合わせないと分かりません。現状の段位でしか申請出来ないようであればちょっと考えながら指さないといけないかも知れませんね。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

将棋アプリ「将皇(しょうおう)」が凄い

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋の強い人は脳内に将棋盤があって完璧に再現出来るようですが正直羨ましいです。せめて4マス範囲内でも完璧に出来ればとは思うのですがそれも無理。ぼんやりとは見えますが、完璧に脳内で再現出来ません。プロ棋士はほぼ再現出来るみたいですね。イベントで目隠し将棋とかされるのですが、いつも「この人、人間じゃねー」って思っちゃいますもん。

ところが、先日夢の中で将棋盤が出てきてほぼ100%綺麗に再現出来たのには驚きました。何故か真っ黒の将棋盤に白い線が引かれており神秘的な将棋盤。全ての駒がハッキリ映っており、角の利きも全部ハッキリ見えてました。脳内将棋盤が出来る人はこんな感じで見えてるんだなと感じた一日でしたが、当然夢から覚めると脳内将棋盤なんて出来ませんしガッカリ感もありましたが、夢の中とは言え脳内将棋盤が完璧に体感出来たのは満足感がありました。


閑話休題


今日はまたまた将棋アプリの話題を記事にしてみたいと思います。
と言うのも管理人が使ってる将棋アプリ将皇が自分の棋力上達に今一番合ってるアプリなので書かずにはいられません(笑)
ちなみに将皇は「しょうおう」と読むらしいです。最初はショーコーと思ってたのですが、どこかの反社会的勢力を想像してしまうからなのか「しょうおう」と読むらしいのでそう読んであげましょう。この将皇がこれまたクッソ強くて僕の棋力上達に欠かせないアプリなのです。


20160107-1
iOS版とAndroid版のどちらもリリースされており何と無料なのです。
アプリ版の他にPCのFlash版も存在しており、そちらの方はアプリ版よりも強いとの噂です。しかし初段程度ならこのアプリ版で十分。アプリなので手軽に楽しめますし、本当にこいつ強いです(;^ω^)

こちらの画面は便宜上iOS版ですがAndroid版も似たようなトップ画面になります。
将皇は普通のCPU相手の対局の他に、このアプリオリジ ナルの実戦詰将棋勝ち切れ将棋が用意されていてこいつがかなり使えます。実戦詰将棋と勝ち切れ将棋の出題は毎日更新されているので僕はこれを解くのを日 課にしています。地道に毎日解いてたら確実に棋力アップにつながると思っています。

とは言え、強さは端末のスペックに依存するようで将皇の強さを堪能するなら最新スペックの機種を使いたい所です。まあ、せめてRAMは2GBは欲しいとは思います。


20151227-1
僕が使うのはHuawei Ascend Mate7。
オクタコアCPUにRAM2GBの強力スペックで将皇さんの性能を存分に発揮してくれます。




20160107-2
CPUとの対局モードでは、先後を選択出来るのはもちろん手合も選べます。平手だけでなく駒落ちで10枚落ちまで対応しています。僕は平手でしか指した事が無いので正確なレビューは出来ませんが、正にどんなレベルの人も遊べるように配慮されているのは素晴らしい。また、コンピュータの強さも5段階もあって、自分の棋力に合った強さを選べるのでほとんどの人は満足出来ると思います。

僕は将皇さんのレベル3で毎日平手で対局していますが、
マジでクッソ強いです(;^ω^)


特に将皇さんがハマった時の強さは本物。受けが嫌になるくらい強いし、終盤も超手数の詰みをしっかり逃しません。

これが無料ってマジかよ・・・il||li _| ̄|○ il||l


しかし、強さにムラがあるのかとんでもなく弱いと感じる時もあるし、戦型によっても得手不得手があるようで何とも評価しがたいのですが、まあ間違いなくこいつのレベル3に数十局指して勝ち越せるなら将棋ウォーズ初段は保証します。そもそも初段の僕がコロコロ負けるので間違いないです。

将皇に関しては持ち歩を成り捨てては打っての繰り返しで、持ち歩を全部プレゼントしてくれる謎のバグがあるのでこれは何とかならんのかなぁとは思います。まあ、プレゼントされた上にボコボコにされた日には精神的にかなり凹みますw


20160107-3
詰将棋は実戦形式で出題されて、毎日難易度別に4問出題されます。
実戦形式なので比較的簡単で解きやすくなってます。また詰め手順も1つで無いことが多く、初級なのに超手数で詰めたりとか良くあります。解法は一つで無駄のない詰将棋作品も良いですが、こちらは正に実戦形式そのものなので棋力アップに大きく貢献してくれる気がしますよ。


20160107-4

いかにも実戦で現れそうな局面が出現します。
待ったもいくらでも出来るので、難しい問題もとりあえず駒を動かして考える事も可能。


20160107-5
どうしても解けないなと思えばヒント機能を使えばアドバイスしてくれます( ・∀・)


20160107-6
この日の問題はなかなかの良問でした。
もちろんヒント無しで解きましたよ。←一応初段なので(笑)


20160107-7
こちらはもう一つの目玉コンテンツである勝ち切れ将棋。
ある局面を出題されて、そこから自力でCPUと指して勝ちを目指します。局面自体は大体優勢から勝勢に近い局面が出題されるので勝ちやすくなってますが、油断するとあっという間に負かされてしまったりします。過去のプロ棋戦の対局から出題されたりするので結構燃えます。


20160107-8
掲示板も用意されていて、勝ち切れ将棋の棋譜を貼り付けて自慢するこ出来ます(笑)
但し、こちらはPC版のみの機能との事ですが何故かiPadでは投稿出来たりします(^ω^)
僕も最近はたまに投稿したりしています。


個人的には将棋は少し自分の棋力より上の人と指すのが上達の鍵だと思ってます。人間だとなかなかそんな都合のいい人は周りに居ないものですが、将棋ソフトやアプリだと色々な強さの物が存在するのですぐに見つかります。僕の場合は将皇さんがそんな感じのアプリなのでいい目標になっているようです。負けっぱなしだとやる気無くしますし、勝ちっぱなしでも棋力は向上しないので、皆さんも好敵手と呼べるアプリを探してみてはいかがでしょうか?





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

コンピュータ将棋対局場「Floodgate」について

皆さん、こんにちは(^▽^)/

他人の将棋を観戦していると凄くよく手が見えて、もしかして覚醒したのかと錯覚するのですが、いざ自分が指すと信じられない位に手が見えてないなと言う事が局後の検討で判明します。

これって一体何なんでしょうね?(´・Д・`)


さて、今日はコンピュータ将棋対局場「Floodgate」について記事にしてみたいと思います。
Floodgateについては、コンピュータ将棋に魅せられて色々調べてたら検索でヒットしました。このFloodgateの存在を知ったのは最近の話です。まあ、将棋熱が復活したのも最近なので当然と言えば当然ですが(笑)
コンピュータ将棋に携わってる人には今更感満載ですがこれがまた凄いのです。

専用のサーバーでコンピュータが24時間対局しているのです。
基本はコンピュータ同士が戦いますが人間の参加も認めているようですね。
専用の観戦ソフト(アプリ)も出回っているのでいつでも手軽に観戦出来るのもGood!!

20150105-2
僕は、将棋ソフトのページの「floodgate観戦室」というソフトをダウンロードして使っています。
ボーッと眺めているだけでも面白いのだ。


最近はFloogateのPCで流しっぱなしにして観戦するのも楽しみの一つになりました。
下図は先日のとある対戦のうちの一つ。リアルに観戦しててあまりに驚いたので取り上げてみます。

2016-01-05a

先手Bonanza6.0さんの大優勢で迎えたこの局面。
投了してもおかしくない後手のcoduck_pi2さんは執念の受けを見せます。
この局面、僕なら1手違いにもなってないので例え詰めろになってなくとも、▲6三飛成としてじわじわ追い詰める所だと思います。将棋ウォーズみたいな早指しなら間違いなく深く考えずにそう指します(笑)

つーか、今見たら▲6三飛成は▲6二龍からの簡単な詰めろになってますね(;^ω^)キガツケヨ
これすら見えないって弱すぎる・・・


まあ、それは置いといて・・・


2016-01-05b

Bonanza6.0さんは

▲9四桂!!


これを見たらさすがの僕でも詰みと言うのは直ぐに分かります。△同歩に▲7一角△9二玉▲9三銀△同飛▲同角成△同玉▲8三金から以下飛車があるので結構簡単な詰みですね。他にも詰み筋はあるっぽいです。そうか、詰みがあるのか・・・実戦の流れからこの局面で詰みがあるとは思わなかったのですが、コンピュータは詰みがあれば絶対に見逃さないのが恐ろしい所。

それ以前に恐ろしいのがcoduck_pi2さんの△8三飛車の根性受け。
もし実戦で先手を持って一手違いの終盤戦になってたらとても正確に指せません(;^ω^)
そもそも▲6三飛成が詰めろか読めませんでしたし、多分実戦だとすぐに目につく▲7一金とか打ちたくなりますが△7二銀の後がどうやって詰めろを続けるのかパニくりそうです(汗)
そりゃ、今のようにのんびり検討出来るなら▲7一金△7二銀▲5一飛成くらいでも詰めろになってるので勝てそうって分かりますけど・・・そもそも▲7一金に△9二玉と逃げられたら詰めろはどうするんだ?全部精算して8三にぶちこんで後手は金と飛車があるから粘れるぞ・・・これヤバクね?やっぱ別の手を・・・なんてやってると時間切れ!!とか言われて終わったりするんですよねorz

こんなの短い時間で初段ごときが全部読めねーよ(;´Д`)
ウォーズの短時間切れ負けだと無理っすわ。

そもそも初段の終盤って本当に酷くて、大詰めの終盤戦で詰めろが突然切れるのは当たり前どころか詰めろが切れて一手スキにすらなってないって事もあります。

うわ!何じゃそりゃ?!超ラッキー♪(°∀°)ウヒョー



と思ってもそれを咎められずお付き合いil||li _| ̄|○ il||l




それが初段クオリティ。

短時間でもそれを正確に指してくるのが高段者との違いでしょうな。特に超高段者は弾丸や10秒将棋でも正確無比。あの人らは化物です。

もっと終盤鍛えなアカンな(´・Д・`)



2016-01-05c

まあ、話が逸れましたが即詰みがあるなら詰めた方が早いですよね。
Bonanza6.0さんの鮮やかな収束を見るばかりと固唾を呑んで見守っていましたが・・・


ここからBonanza6.0さんが驚愕の一手を指して目を疑いました( ゚ω゚;)



2016-01-05d

▲9四歩!!!




おいw



なんじゃこりゃ???




詰みとちゃうんかい!!!(;^ω^)



まさかの詰ましにいかない驚愕の一手にふんぞり返りましたよwww
もしかして詰まないのかと思って何度も確認しましたが、どう考えても詰んでるよね??いや詰んでます。
相手に同情してるのか??とにかく意味不明でした。コンピュータでもこんな事あるんですね。


でもこれで終わりじゃないんです。
ちょっと納得いかなかったので我が家の激指くんにも同じ局面で検討させた結果・・・



20150105-1

最善手▲9四歩!!!!



くっそワロタwww



激指くん、お前もか。。。詰みより詰めろが最善手ってどうなってんの??
もしかしてコンピュータ特有のバグなのでしょうか?
どこかの誰かに検証して欲しいものです(;´・ω・)


正確無比なコンピュータにも即詰みは可哀想とか感情の変化でもあるのでしょうか。
今後も益々コンピュータ将棋から目が離せないなと思った一日でした。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
管理人の本
激指14
将棋世界
最新コメント
将棋本