実力有段者にあこがれて

将棋で実力有段者を目指すブログです。 将棋ウォーズメインで指してます。実戦は長期間のブランクがありましたが、将棋ウォーズ始めて1ヶ月の2015年12月13日に初段になりました。

2016年01月

将棋アプリ「ぴよ将棋」が神レベルと俺氏の中で話題に

皆さん、こんにちは(^▽^)/

先日、将棋ウォーズで色々検索していたらソフト指しの動画が出てきました(-_-;)
将棋ウォーズでも普通にソフト指しやってるバカが居るんですね。市販されている激指などのソフトの他にも、フリーで強いソフトがダウンロード出来る時代ですから必然的にソフト指しも増殖するんでしょうけど、どれだけ対策してもこればっかりはどうしようも無いんでしょうね・・・
つーか、素直に棋神買えよ。。。(´-д-)-3

ネット将棋が普及し始めた頃に町の道場が次々と潰れて行きましたが、ソフト指しに嫌気が差した健全なユーザーがリアル道場に回帰する流れになるやも知れません。皮肉と言えば皮肉ですが、昭和の頃に比べて本当に将棋道場の数が減ったように思うので個人的には歓迎ですかね。


さて、先日紹介した最強将棋アプリの将皇さんですが、今回はぴよ将棋という神アプリを紹介したいと思います。

20160128-1

今日現在Android版しかリリースされてないようですが、こいつがまた強烈に強いらしい。実はこのアプリ、大分以前にインストールして実際に最強レベルのぴよ帝Lv6と対局したのですが、その最初の1局目にどういうわけか一方的に完勝してしまい、てっきり弱いアプリと決めつけて以来放置してやってませんでした。だってぴよちゃんのイラストも可愛いし入門用のアプリかと思っちゃったんですよね。



ところがこのアプリがとても評価が高かったので改めてやってみた結果・・・


(;^ω^) 「つ、強ええぇ。」


今度はボコボコ負かされる結果にwww



今思えば、最初の1局目は接待モードが搭載されてたのか??
と思わずにはいられません。

それ以来、こいつに夢中になって対局しまくりましたよ。待ったなしでは本当に勝てないし勝たしてくれません。将皇さんも強いのですが結構一手バッタリ級の悪手を指したりするので普通に勝てたりするのですが、ぴよ将棋に関してはそんな悪手はほぼ指しません。また、筋がとても良くて攻め合いになると感動する手順であっという間に敗勢になってしまうこともしばしばあります。受けも強くて僕程度の棋力では嫌気が差すような防御力を誇ります。あまりに粘るので必死に考えてたら降りる駅を大幅に乗り過ごしたりしてしまった苦い経験も(笑)


とにかく強いです!!


それでもたまに一発入って勝てるのでその時は本当に嬉しいです(^^)
結構、序盤・中盤で緩手も指してくれるのでこちらが有利になることも多いのですが、ゴチャゴチャやってたらあっという間に形勢逆転されちゃいます。勝つ時は攻め合いに持ち込むと苦しいので、優勢のまま抑えこむような形で寄り切らないとなかなか勝たせてくれませんね。


20160128-2

対局画面はこんな感じでとても可愛らしいのですが・・・
上図は珍しく待ったなしでピヨ帝Lv6に勝てそうになった局面で手が震え出しますw
少々優勢になっても数えきれないほど逆転負けを喫しているので絶対に緩めません。


20160128-3

ピヨ帝Lv6のセリフで現局面をどう捉えているのか大体分かるのです。
ピヨ帝はちょっと形勢が悪いなと感じているようですね。



20160128-4

こちらの読み筋通りに進みだすと勝ちは目前。
待ったなしのガチでやると10回のうち1~2回程度しか勝てないので嬉しい瞬間です。
ピヨ帝Lv6もかなり弱気な発言が目立ち始めましたwww



20160128-5

強敵ピヨ帝に勝ちました\(^o^)/
ぶっちゃけ将棋ウォーズで二段を倒すより嬉しいです。それだけ強いんです。
作者さんは棋力は初段程度とおっしゃってるようですが・・・



明らかに過小だろうが(;^ω^)



しかし、これで初段だったら凹むなぁ(笑)
将棋ウォーズだったら二段の達成率50%以上は固い気がする。
少なくともこんな強い初段はなかなか居ないと思うのですが・・・


20160128-6

このアプリの恐ろしい所は棋譜解析モードが搭載されているのです。

まるで激指みたいじゃないですか・・・無料アプリですよこれ?



20160128-8

1手1手棋譜解析を行っている所です。
解析レベルによって時間は掛かるのですが検討好きな人には嬉しい機能ではないでしょうか。


20160128-7

解析が終了したようです。
早速振り返ってみましょう。



20160128-9

グラフの赤いポイントが悪手ですね。オレンジは疑問手でしょうか。
その局面でぴよ将棋の読み筋と形勢数値、それに悪手・疑問手など指摘してくれます。この局面で僕の指した▲6四歩が悪手認定されてしまいました。ぴよさんの推奨手は▲8三飛打。




(´ω`;) 「は、はぁ。。。」←納得いかない


確かに対局中は歩切れになるので悩んで指したのですが、▲8三飛打は無いんじゃないかと思うのですが・・・あまりに遠すぎてちょっと狙いが分からないので人間には指せない手ではないでしょうか?歩を大量に持ってるなら桂馬持って端攻めとか考えるかも知れませんけどねぇ。まあ、ぴよさんの方が自分より格上なので何も言えませんでしたがwww

この局面ではこの後の展開でも出てくるのですがサッサと飛車打ち下ろして▲4二銀を狙うべきでした。とは言え、コンピュータ相手に駒渡して攻め合いは怖いのでこんな「と金攻め」が有効なんですよね~。


20160128-10

と金作りを疑問手認定されてしまいましたが、この後何とか寄せ切れました(*´ω` *)

後、ぴよ将棋に対する要望としては広告がうざいので有料版もリリースして欲しいですね。それから「成る」「不成り」ボタンは左右逆の方がいいです。しょっちゅう間違えて不成で指してしまいます。更にiPhoneユーザーの為にもiOS版もリリースしてあげたいですね。それ以外はほぼパーフェクトじゃないでしょうか。

とにかく今の自分にとっては最強で最高の将棋アプリです。


ピヨ帝Lv6に3割位勝てるようになると加速度的に棋力がアップする気がするので頑張りたいです。あまりに勝てないと萎えるし、以前にも書きましたけど自分より少し強い程度のソフトと対局するのが一番効率がいい気がします。ぴよ将棋は筋もいいので当面はこれをメインに使ってみたいと思っています。



20160128-11
ちなみに激指くんに棋譜解析をさせたところ、グラフは大体似たようなグラフになりました。
ちなみにこちらではと金作りは否定されませんでしたよピヨさん!!←しつこい

ぴよ将棋自体は去年の秋にリリースされたばかりですが、今後どのように進化するのか非常に期待しております。このアプリが無料って事自体があり得ないですし、世の中本当に便利になりましたねぇ。


※参考までに棋譜を次のページに載せて置きますね。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村続きを読む

あこがれの六寸将棋盤

皆さん、こんにちは(^▽^)/

改めて思うのですが将棋はお金も使わない経済的な趣味だなぁと思います。
色々趣味の広い管理人ですが、湯水のようにお金を使う趣味が多くて常に酸欠の金魚みたいな状態になってますが、将棋一本に絞ればお金は貯まるんだろうなと思います。ただ引き篭もりになるので健康面が心配ではありますが(笑)


20160125-1
さて、今回は将棋盤の話。
上図の将棋盤は僕が子供の頃に親父に買って貰った脚付きの将棋盤です。
買った経緯をゴニョゴニョ誤魔化しているので、もしかしたら捨ててあったのを拾ってきた物かも知れませんが(爆)一応今でも大切に使っています。当時は六寸盤など厚みのある将棋盤にあこがれたものですがこれは二寸あるかないかの微妙な将棋盤。しかも駒台無し。。。ドヤ顔の親父に反して当時はややガッカリしたものですが、まあこれはこれで味わい深いので一生使おうとは思ってます(;^ω^)

出処が不明なのでこの将棋盤の素材は分からないのですが桂(かつら)かなぁと思ってます。
ご存知、将棋盤の素材は本榧が最高品質とされて高価なのですが当然そんなものは当時は買えません。大人になって経済的にゆとりが出た頃に二寸のヒバの将棋盤を買って、更に本榧の将棋盤にあこがれてこれまた二寸の将棋盤を買ったので家には二寸盤が合計3つ(1つは脚付き)あることになります(笑)


ピコーン━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


そこで閃いた管理人。


20160125-2
3つ合わせて憧れの六寸盤の出来上がりwww

もちろん一番上は本榧二寸盤。
こんな使い方してる人、結構いませんか??

居るよね?居るよね?(笑)


やっぱり居ないのかなぁ(;´・ω・)




HashiPona
HashiPonaさん


さて、今日は将棋ウォーズの個性的なbotであるHashiPonaさんの印象的な将棋を紹介してみたいと思います。HashiPonaさんは居玉の超早指しで、将棋ウォーズの中でも特に愛されてるキャラクターではないかと思ってます。10分切れ負けでも1局2分も使わない瞬間指しは驚かされますが、投了する時もノータイムなので結構笑わせて貰ってます。

お前、さっきまで自信満々にノータイムでビシバシ指してて投げる時もノータイムって・・

相手をバカにし過ぎてないか?(´・Д・`)


でもそんなHashiPonaさんが大好きなんですよね~( ̄ー ̄)ニヤリ

第1図
20160125-3
第1図は某四段との弾丸戦(3分切れ負け)。※都合上、先後逆になってます。

弾丸だとHashiPonaさんの棋力は現在六段。やはり早指しには圧倒的な自信を持っているようです。3分切れ負けだと普通の人は駒を動かすだけで精一杯。シューティングゲームよろしく全く将棋にならないのですが、このクラスだと普通に将棋になっているのが恐ろしい所。しかも後で検証してもしっかり読みも入ってます。高段者って本当に恐ろしいですよね。

形勢は微妙ですが右辺で遊んでる駒をさばく自然な▲3六歩ですがHashiPonaさんは相手にしません。


第2図
20160125-4
ノータイムで△8五桂。


基本的な手筋ですが、5五の角の効きが外れれば△5五銀と歩を取って進出して天王山を抑えようという読み筋。そうなると後手の飛車、角、銀、桂が全てさばけて躍動しそうです。困った先手はしばし少考しますが・・・


じっと我慢の▲6八角

高段者の強い所は我々みたいに決して暴発しません。我慢する所は我慢します。僕だったらこんな「あなたの読みは全部お見通しですよ」みたいな手を指されたら暴発して投了です(笑)
▲6八角は読み負けを認めるようで僕にはとても指せないのですが、高段者は少々悪くなっても諦めない粘り強さがあるんですよね。いつも感心させられます。


以下、△5五銀、▲3五歩、△5六銀、▲3四歩と飛車を取り合った手はどうだったか。

第3図
20160125-7

ここからHashiPonaさんは△6七銀成と進んで急所に成り銀が出来た上に角取りの先手。



第4図
20160125-5
しかし、某四段氏も読み筋だったのかこの▲3五角に期待を込めます。
後手も飛車の打ち込みに弱い陣形&居玉なので大局観で行けると踏んだのでしょう。先手は固い穴熊ですし、なるほどこうして見ると先手の某四段氏の方が▲5三角成の先手になっていて意外と指せそうな気もします。

こんな短い時間で高段者ってどこまで読んでいるのでしょう。
いつもながら感嘆とさせられてこの先の展開はどうなるかとワクワクして見守ってましたが・・・



ここでHashiPonaさんの攻めがクリティカルヒット!!!



第5図
20160125-6
1秒で△7八飛車!!!


一瞬で受けなし後手投了ワロタwww


どう見ても必至級です。ありがとうございましたm(__)m


一体何なんですかこの切れ味は!!!
お茶噴きましたよwww



第1図で角を追ったはずの△8五桂が実はこの局面を想定していたのかと思わせるほどで、最後の詰みに貢献している神がかり的な駒の配置(桂馬が無ければ上に抜けられる)も何気に恐ろしい。この局面が見えていれば途中の進行も違ったものになっていたとは思うのですが、3分切れ負けの弾丸では酷というものでしょう。そう考えると△5五銀では更に我慢の▲5九飛とする方が良かったのか・・・将棋ってホントに難しい。

それにしても消費時間22秒で四段氏を粉砕するって・・・(呆)

弾丸でこんな質の高い将棋を指されたらそら勝てませんわ(;^ω^)
それにしてもお互いの消費時間を足しても2分も経ってないのが驚愕です。1局2分以内でこれだけの将棋を魅せてくれるのですから四段氏も本当に素晴らしい。益々弾丸にあこがれますが僕もいつかは弾丸で指してみたいなぁと思ってます。思ってるだけですが。。。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

深浦九段負けた(´・Д・`)【A級順位戦】

皆さん、こんにちは(^▽^)/

20160118-1
深浦康市アバターをゲットしてから全く勝てませんが気のせいでしょうか(笑)
そんな縁で先日より深浦康市ファンになった管理人ですが、今期のA級順位戦では勝ち星に恵まれず残留争いに黄色信号が灯っています。昨日のA級順位戦の対渡邊明竜王戦を、仕事から帰宅後はリアルタイムに棋譜を追って応援しておりましたがいい所無く押し切られてしまいました。


20160122-1

戦型は後手の渡邊竜王が意表をつくゴキゲン中飛車で、深浦九段も積極的に玉頭から動いたのですが的確に受け止めた渡邊竜王がそのまま有利を拡大して、△9八角の詰めろが入ってからはさすがの深浦九段も粘りようがなかったようです。投了図以降は先手の角が利いているので詰みはなさそうですが(同飛と取れば詰みそうです)、駒を渡さず受けなしには追い込めそうです。深浦九段もこの局面で投了されました。


(´・Д・`) 「深浦~、負けるなよー」




(´;ω;`)ブワッ



す、すまん、、、
俺がにわかファンになってしまったばかりに・・・

間違いなく俺のせいだろうil||li _| ̄|○ il||l

残留出来ると信じてるので頑張って欲しい!!



pona2015
Pona2015さん

残念ながらこれ以上書くことがなくなったので、先日将棋ウォーズで観戦したPonaさんの将棋でも紹介したいと思います。彼らbotの将棋は観ているだけでワクワク楽しいですよね。


20160120-1
Pona2015さんと某五段氏の10秒将棋の対局(先後逆になってます)。
Pona2015さん相手には有効とされる△2八角打たせ戦法を使われる高段者も多いのですが、某五段氏は正攻法で果敢に挑みます。将棋ウォーズ五段と言えば上位1%に位置するスーパーエリート。我々からすると神様的存在なのでPonaさん相手にも簡単には崩れません。上図は▲6九香とガッチリ受けてまだまだ中盤戦が続くと思われたその矢先・・・

Ponaさんの攻めが火を噴きます!!!


20160120-2
△6九同龍!!!

ごく自然と思われた▲6九香打ちに対して早速とがめに来ました。

観戦してた人もそうですが指された某五段氏も固まったと思います。
指されてみると確かに直ぐにその意図は分かりますが、これで寄ってるのかどうか・・・
10秒将棋では普通は踏み込まないでしょう(笑)


20160120-3
もう取るしかない▲6九同銀に△8六香。
以下どうやっても角が成られてお尻に火が付きます。


20160120-4
以下、▲7七玉、△7九角成、▲6六玉、△8九香成、▲7五歩、△6九馬と少し緩んだ所で▲4三馬と進みます。
某五段氏の上に早逃げした手が好判断で、上図では次に馬で5四の歩を取ると先手玉は相当広くなります。さすがにエリートは違うなぁと感心して眺めてたのですが・・・



ここでPonaさんの攻めがクリティカルヒット!!!


20160120-5
△7四桂!!!


以下、即詰みワロタwww


20160120-6
緩んだと思った△6九馬が実は詰めろだったオチ(爆)

詰み自体は並べ詰みなので比較的簡単だと思うのですが、手の流れから詰みがあるとは思えなかった局面なので本当に驚きました。某五段氏はもしかしたら読んで首を差し出したのかも知れませんが、勝ち将棋鬼のごとしで正に棋神そのものです(笑)

10秒将棋でこんな将棋指されたらそら人間勝てませんわ(;^ω^)



神様的存在の高段者すらボッコボコにするbot達の将棋は面白いので定期的に紹介したいと思います。それにしても10分でも全然時間足りないのに、10秒将棋でこんな質の高い将棋を指す高段の人間達にも心からスゲーと思います。これからも益々目が離せませんね(笑)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

振り駒券に課金してみた

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋ウォーズも今まで無課金で遊ばせて頂いているのですが、さすがにブログのネタにまでしている以上は良心も痛むわけで色々考えた結果・・・正月振り駒券に課金してみようと決めました。結局おっさんにはアバターはあまり興味は無かったのですがいつまでもデフォルトのアバターはどうかなと思った訳です。

そして、今回の振り駒券の目玉である劇画アバターはちょっとカッコいい(笑)

20160101-4

振り駒券は1回分360円で購入出来るのですが、使わない棋神が当たったら大打撃ではあります。とは言え、抽選確率を見ると約30%の確率で劇画アバターをゲット出来るようなのでそれが出るまで課金し続けてみるかと意を決しました。5回位(1,800円分)振ればどれかアバターは当たるだろうとの目論見です。振り駒券も1月18日で終了だったので覚悟を決めて課金してみたのですw


あわよくば羽生さんが当たるかも知れませんしねo(^o^o)(o^o^)o


その結果・・・



20160118-1

何と一発目で

深浦康市キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!





深浦康市九段

1972年2月14日生まれ。

長崎県佐世保市出身。(故)花村元司九段門下。

竜王戦1組。順位戦A級。

王位獲得通算3期、棋戦優勝9回。





ちょw


ガチのトッププロじゃねーか!!(;^ω^)



このアバターを見たら対戦相手は絶対に怯む(確信)




今日から連戦連勝の無双モード突入ですやん( ゚Д゚)ウヒョヒョー



早速、深浦アバターで対局してみました!!

20160118-3
さあ行けっ!深浦!!


三段?何それザコ?深浦様の敵じゃねーよw



さっさと蹴散らしてやれー!!




・・・



・・・




ボコボコにするつもりが・・・









ボコボコにされたお(´・Д・`)

骨すら残らずボコられた。。。
まあ、三段は強すぎる(-ω-;)




気を取り直して深浦康市初段の第二戦。

20150120-1


どうもこの日は疲れていたのかこの局面から、
▲2四歩△同歩
▲同角???


20150120-2

もちろん△同角と取られて即投了il||li _| ̄|○ il||l




深浦、何やってるねん~(´・Д・`)



なんかわざと負けて調整していると思われかねないバカさ加減。。。
こんな状態だと次の対局も大体想像通りな結果になりそうなもの、、、

20160118-2
深浦康市、

まさかの三連敗il||li _| ̄|○ il||l







おいっ!!


深浦弱すぎやろー(;^ω^)


もちろん弱いのは深浦九段じゃなくて深浦初段の方なんだけど(笑)、1日に三連敗はした記憶が無かったのでパソコン叩き潰したろうかと思ったのはホントの話。夜中に「深浦」を何回連呼したか・・・

(#゚皿゚) 「フカウラ!フカウラ!フカウラウラウラー!!!」


メッチャ悔しくてプレミアム会員になってたら熱くなってどこまでも達成率を落としてたかも知れない・・・

将棋ってホントにメンタルに来ますね(;´・ω・)



こうなったらトコトン深浦康市と将棋ウォーズ戦いますよ。
果たしていつになったら勝利出来るのでしょうか。



PS.あと、折角の縁なんで今日から深浦ファンになります。。。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

将棋ウォーズ棋力別分布図について調べてみた

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋ウォーズやってるとやはり色々知りたくなるもので、どんな棋力の人達がどれくらい参加しているのだろうとか気になって仕方ありません。普通は気になりますよね?体感的に自分の所属する初段はユーザー層が大変厚いクラスだと思うのですが実際の所はどうなのか?色々気になったので調べて見ることにしました。

まず、どうやって調べるのかですが過去の大会で「将棋ウォーズ段級位最強戦」というイベントがあるのですが、平成27年12月8日から12月20日に行われた第14回将棋ウォーズ段級位最強戦の結果から考察することにしてみました。こちらは期間中に対局すれば自動的に参加する仕組みになっていると思うので、実質的なアクティブユーザーの人数も分かるので興味を持って調べてみました。会員数が200万人近いとも言われる将棋ウォーズですが、実際のアクティブユーザーはいかがなものでしょうか。

第14回将棋ウォーズ段級位最強戦の最終結果から各クラス別の参加人数は下記の通りになりました。


六段以上 ・・・   313人

五段    ・・・   720人

四段    ・・・  1,411人 

三段    ・・・  3,265人

二段    ・・・  6,952人

初段    ・・・ 12,071人

1級     ・・・ 16,314人

2級     ・・・ 18,187人

3級     ・・・ 14,645人

4級     ・・・  9,241人

5級以下  ・・・  5,793人

合計    ・・・ 88,912人



大体予想通りと言ったところですが、2級が一番参加人数が多いんですね(´・∀・`)ヘー
初段から3級までの層が分厚くてこの辺りはマッチングに苦労することは無さそうです。二段から極端に層が薄くなって初段から二段にまず壁が存在するようです。同じクラス内でも達成率によって幅があるのですが、とりあえず二段なら将棋ウォーズ村の上位15%以内ですからこれを目標にしたいですね。こうして見ると初段から3級辺りまではそれほど棋力差は無いのかも知れません。逆に五段とか六段以上は非常に稀有な存在で特別天然記念物級なんですね(笑)

三段以上になると極端に人数が減るのでここが一つのステータスという気がします。
いやぁ、遠いな~(;^ω^)

今回のサンプルは12日間のデータですが、それにしても参加人数は89,000人程度ですから登録会員数との乖離は著しいと思います。これはやっぱり複アカ問題なんだろうなと思います。つまり一人で複数アカウントを所有する行為ですが、現状ではいくらでも作ろうと思えば作れちゃいます。運営的には好ましくないような記述を見た気がしますが、個人的には若干寛容的な立場です。1日3局までは課金なしなので複アカでナンボでも指し放題になって色々問題が生じるのですが、特に高段者はマッチングに苦労するので運営的にも本音は複アカでもなんでも参加して欲しいのでは無いかと思ってます。

もうこうなったらプレミアム会員限定で複アカを公式に認めちゃったらどうですかね?例えばプレミアム会員は月100円プラスで1アカウント(指し放題)複アカ買えるとかね。やっぱり複アカで色々試したくなるのが人間と言うもので、「振り飛車専用アカ」とか「酔っぱらい指し専用アカ」とかLINEでグループ分けするような感覚で認めてくれると結構喜ぶ人いるんじゃないでしょうか。

将棋ウォーズの企画も結構マンネリ化している傾向に見受けられるので、あまり現状にあぐらかいてると直ぐに新興勢力に将棋ユーザー持っていかれる可能性も無いとは言い切れません。だから将棋ウォーズには頑張って貰いたいんですよね。

最後に棋力別の偏差値みたいなものを簡易的に出してみました。
まあ、4級と3級の差と四段と五段の差が同じとも思えませんし、将棋ウォーズには棋神があるのでその利用割合によっても全然結果は違うでしょうが、その辺のあまり細かい事は気にしないで計算してみました。六段以上を100点満点と仮定して11クラスあるので5級以下を0点と均等に点数を割り振ってみると平均点は約34.21点になります。

んで、偏差値を計算してみると・・・




100点満点の六段以上の偏差値は83 (゚д゚)!

凄すぎワロタwww



我らが初段クラスだと偏差値58ですか。
まあこれだと最低でも二段までは行かなあきませんな~(;-ω-)ゞ

正確さは微妙なので参考になるかどうか分かりませんが、こんな見かたもあるんだな程度で受け止めて頂ければ幸いです。下記に計算した表を載せておきますね。


20160117-1

多分皆さん的にも将棋ウォーズ初段だと町の道場でどれ位の棋力なのかとか、将棋倶楽部24だとどれ位の棋力なのか気になる人もいると思います。結論からい うと何の比較にもならないと思います。将棋ウォーズは早指しの切れ負けルールだし、そもそも棋神という独特のシステムがあるので比較すること自体ナンセン スだと思います。

先日、関西将棋会館ブログでも将棋ウォーズと道場の大まかな比較をされた記事がありましたけど、将棋ウォーズの棋神なし初段関西将棋会館道場初段な印象を持ちました。こればっかりは行って実際に指して見ないと何とも言えないですね(笑)
それに将棋ウォーズの初段も3年前に達成した初段と今の初段はやっぱり違うと思いますしね。

ま、そんな訳でいずれは将棋道場に行って指してみたいとも思いますが・・・
それまでこのブログが続いていればいいのですが(爆)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
管理人の本
激指14
将棋世界
最新コメント
将棋本