皆さん、こんにちは(^▽^)/

今日も元気に将棋ウォーズw
しかも定番の大駒素抜かれの術で大逆転負け・・・orz
学習能力が無いというか必勝の終盤で一手バッタリが多すぎます(;^ω^)
これを単純に減らすだけでももっと上に行けそうですけどね。


20151228-2
※対局前に出る自分と相手の得意戦法や勝率などの情報がエフェクトとして盛り上げる。


さて、その将棋ウォーズですが対戦相手の自動マッチングシステムがとてつもなく素晴らしい。
このシステムを開発(というか企画)した人は正にネ申ですわ。そもそも対戦相手に困らないほど人が集まるネット将棋ですが、適当な相手を選ぶのに苦労する事も多いと思います。対戦を申し込んでも受けてくれなかったりで、対局が始まるまでに結構時間を消費している事もあるはずですよね。そもそも少ない時間でサクッと将棋を指したいのにこれではストレスです。将棋ウォーズは特に早指しを目的としているユーザーを集めているので尚更です。

ところがこの自動マッチングシステムのお陰でとてつもなくストレスフリーで遊べます。
将棋を始める前に余計な事で頭を使うのは本当にストレスなので、これだけでも将棋ウォーズをやってて良かったと思います。しかも、この自動マッチングシステムが良く出来ていて、自分と同じ棋力の者同士で上手くマッチングされている感じがします。将棋ウォーズは全員30級からスタートするのですが、5戦目辺りからほぼ同じような棋力のユーザーと対戦が組まれます。恐らくですが、表示される段級とは別に内部レートみたいなものが存在しているのだと想像出来ます。

このシステムのお陰で、棋力差が大幅にある者同士の対局はほぼ無いと思うので、健全な棋力が反映されているのではないでしょうか。つまり相手が20級でも初段でも内部レートによって同じ位の棋力同士が組み合わさるよう調整しているようです。


20151228-1
また、将棋ウォーズには達成率というのが存在しています。
達成率は0%~100%まであって、100%になれば昇級・昇段します。なので同じ段位、級位の者でも棋力差は幅広く存在しているのですが、僕が指している経験上はそれが上手く反映されているなと感じます。例えば僕の現在の棋力は初段ですが、やはり達成率が20%未満と50%以上では明らかに強さが違うように感じられます。但し、ユーザー分布が突出していると思われる1級・初段辺りは層が厚いので他の階級では違うかも知れませんが・・・まあでも、このように数字に信頼性があると参加する方としてもやりがいはあるものです。どこかのサイトみたいにレートが正確に反映されてないと僕はあまり指したいと思わない派なんですよね。

それに自動マッチングシステムのお陰で常に同じレベルの人と好勝負が出来るのは棋力向上に欠かせないと思うのです。個人的には棋力差があまりにも離れすぎていると、勝敗が一方的になり過ぎて身に付かないような気がします。勝率も対局を重ねていくうちに五分五分に収束して行くでしょうし、誰もが勝ちっぱなしの無双状態にあこがれているとは思いますが、結局は勝ったり負けたりを繰り返さないと棋力は向上していかないと思うのです。


何がともあれ今日も全国の好敵手と将棋が指せるのは嬉しい限りです(*´∇`*)






にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村