皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋の強い人は脳内に将棋盤があって完璧に再現出来るようですが正直羨ましいです。せめて4マス範囲内でも完璧に出来ればとは思うのですがそれも無理。ぼんやりとは見えますが、完璧に脳内で再現出来ません。プロ棋士はほぼ再現出来るみたいですね。イベントで目隠し将棋とかされるのですが、いつも「この人、人間じゃねー」って思っちゃいますもん。

ところが、先日夢の中で将棋盤が出てきてほぼ100%綺麗に再現出来たのには驚きました。何故か真っ黒の将棋盤に白い線が引かれており神秘的な将棋盤。全ての駒がハッキリ映っており、角の利きも全部ハッキリ見えてました。脳内将棋盤が出来る人はこんな感じで見えてるんだなと感じた一日でしたが、当然夢から覚めると脳内将棋盤なんて出来ませんしガッカリ感もありましたが、夢の中とは言え脳内将棋盤が完璧に体感出来たのは満足感がありました。


閑話休題


今日はまたまた将棋アプリの話題を記事にしてみたいと思います。
と言うのも管理人が使ってる将棋アプリ将皇が自分の棋力上達に今一番合ってるアプリなので書かずにはいられません(笑)
ちなみに将皇は「しょうおう」と読むらしいです。最初はショーコーと思ってたのですが、どこかの反社会的勢力を想像してしまうからなのか「しょうおう」と読むらしいのでそう読んであげましょう。この将皇がこれまたクッソ強くて僕の棋力上達に欠かせないアプリなのです。


20160107-1
iOS版とAndroid版のどちらもリリースされており何と無料なのです。
アプリ版の他にPCのFlash版も存在しており、そちらの方はアプリ版よりも強いとの噂です。しかし初段程度ならこのアプリ版で十分。アプリなので手軽に楽しめますし、本当にこいつ強いです(;^ω^)

こちらの画面は便宜上iOS版ですがAndroid版も似たようなトップ画面になります。
将皇は普通のCPU相手の対局の他に、このアプリオリジ ナルの実戦詰将棋勝ち切れ将棋が用意されていてこいつがかなり使えます。実戦詰将棋と勝ち切れ将棋の出題は毎日更新されているので僕はこれを解くのを日 課にしています。地道に毎日解いてたら確実に棋力アップにつながると思っています。

とは言え、強さは端末のスペックに依存するようで将皇の強さを堪能するなら最新スペックの機種を使いたい所です。まあ、せめてRAMは2GBは欲しいとは思います。


20151227-1
僕が使うのはHuawei Ascend Mate7。
オクタコアCPUにRAM2GBの強力スペックで将皇さんの性能を存分に発揮してくれます。




20160107-2
CPUとの対局モードでは、先後を選択出来るのはもちろん手合も選べます。平手だけでなく駒落ちで10枚落ちまで対応しています。僕は平手でしか指した事が無いので正確なレビューは出来ませんが、正にどんなレベルの人も遊べるように配慮されているのは素晴らしい。また、コンピュータの強さも5段階もあって、自分の棋力に合った強さを選べるのでほとんどの人は満足出来ると思います。

僕は将皇さんのレベル3で毎日平手で対局していますが、
マジでクッソ強いです(;^ω^)


特に将皇さんがハマった時の強さは本物。受けが嫌になるくらい強いし、終盤も超手数の詰みをしっかり逃しません。

これが無料ってマジかよ・・・il||li _| ̄|○ il||l


しかし、強さにムラがあるのかとんでもなく弱いと感じる時もあるし、戦型によっても得手不得手があるようで何とも評価しがたいのですが、まあ間違いなくこいつのレベル3に数十局指して勝ち越せるなら将棋ウォーズ初段は保証します。そもそも初段の僕がコロコロ負けるので間違いないです。

将皇に関しては持ち歩を成り捨てては打っての繰り返しで、持ち歩を全部プレゼントしてくれる謎のバグがあるのでこれは何とかならんのかなぁとは思います。まあ、プレゼントされた上にボコボコにされた日には精神的にかなり凹みますw


20160107-3
詰将棋は実戦形式で出題されて、毎日難易度別に4問出題されます。
実戦形式なので比較的簡単で解きやすくなってます。また詰め手順も1つで無いことが多く、初級なのに超手数で詰めたりとか良くあります。解法は一つで無駄のない詰将棋作品も良いですが、こちらは正に実戦形式そのものなので棋力アップに大きく貢献してくれる気がしますよ。


20160107-4

いかにも実戦で現れそうな局面が出現します。
待ったもいくらでも出来るので、難しい問題もとりあえず駒を動かして考える事も可能。


20160107-5
どうしても解けないなと思えばヒント機能を使えばアドバイスしてくれます( ・∀・)


20160107-6
この日の問題はなかなかの良問でした。
もちろんヒント無しで解きましたよ。←一応初段なので(笑)


20160107-7
こちらはもう一つの目玉コンテンツである勝ち切れ将棋。
ある局面を出題されて、そこから自力でCPUと指して勝ちを目指します。局面自体は大体優勢から勝勢に近い局面が出題されるので勝ちやすくなってますが、油断するとあっという間に負かされてしまったりします。過去のプロ棋戦の対局から出題されたりするので結構燃えます。


20160107-8
掲示板も用意されていて、勝ち切れ将棋の棋譜を貼り付けて自慢するこ出来ます(笑)
但し、こちらはPC版のみの機能との事ですが何故かiPadでは投稿出来たりします(^ω^)
僕も最近はたまに投稿したりしています。


個人的には将棋は少し自分の棋力より上の人と指すのが上達の鍵だと思ってます。人間だとなかなかそんな都合のいい人は周りに居ないものですが、将棋ソフトやアプリだと色々な強さの物が存在するのですぐに見つかります。僕の場合は将皇さんがそんな感じのアプリなのでいい目標になっているようです。負けっぱなしだとやる気無くしますし、勝ちっぱなしでも棋力は向上しないので、皆さんも好敵手と呼べるアプリを探してみてはいかがでしょうか?





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村