実力有段者にあこがれて

将棋で実力有段者を目指すブログです。 将棋ウォーズメインで指してます。実戦は長期間のブランクがありましたが、将棋ウォーズ始めて1ヶ月の2015年12月13日に初段になりました。

将棋ウォーズ

振り駒券に課金してみた

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋ウォーズも今まで無課金で遊ばせて頂いているのですが、さすがにブログのネタにまでしている以上は良心も痛むわけで色々考えた結果・・・正月振り駒券に課金してみようと決めました。結局おっさんにはアバターはあまり興味は無かったのですがいつまでもデフォルトのアバターはどうかなと思った訳です。

そして、今回の振り駒券の目玉である劇画アバターはちょっとカッコいい(笑)

20160101-4

振り駒券は1回分360円で購入出来るのですが、使わない棋神が当たったら大打撃ではあります。とは言え、抽選確率を見ると約30%の確率で劇画アバターをゲット出来るようなのでそれが出るまで課金し続けてみるかと意を決しました。5回位(1,800円分)振ればどれかアバターは当たるだろうとの目論見です。振り駒券も1月18日で終了だったので覚悟を決めて課金してみたのですw


あわよくば羽生さんが当たるかも知れませんしねo(^o^o)(o^o^)o


その結果・・・



20160118-1

何と一発目で

深浦康市キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!





深浦康市九段

1972年2月14日生まれ。

長崎県佐世保市出身。(故)花村元司九段門下。

竜王戦1組。順位戦A級。

王位獲得通算3期、棋戦優勝9回。





ちょw


ガチのトッププロじゃねーか!!(;^ω^)



このアバターを見たら対戦相手は絶対に怯む(確信)




今日から連戦連勝の無双モード突入ですやん( ゚Д゚)ウヒョヒョー



早速、深浦アバターで対局してみました!!

20160118-3
さあ行けっ!深浦!!


三段?何それザコ?深浦様の敵じゃねーよw



さっさと蹴散らしてやれー!!




・・・



・・・




ボコボコにするつもりが・・・









ボコボコにされたお(´・Д・`)

骨すら残らずボコられた。。。
まあ、三段は強すぎる(-ω-;)




気を取り直して深浦康市初段の第二戦。

20150120-1


どうもこの日は疲れていたのかこの局面から、
▲2四歩△同歩
▲同角???


20150120-2

もちろん△同角と取られて即投了il||li _| ̄|○ il||l




深浦、何やってるねん~(´・Д・`)



なんかわざと負けて調整していると思われかねないバカさ加減。。。
こんな状態だと次の対局も大体想像通りな結果になりそうなもの、、、

20160118-2
深浦康市、

まさかの三連敗il||li _| ̄|○ il||l







おいっ!!


深浦弱すぎやろー(;^ω^)


もちろん弱いのは深浦九段じゃなくて深浦初段の方なんだけど(笑)、1日に三連敗はした記憶が無かったのでパソコン叩き潰したろうかと思ったのはホントの話。夜中に「深浦」を何回連呼したか・・・

(#゚皿゚) 「フカウラ!フカウラ!フカウラウラウラー!!!」


メッチャ悔しくてプレミアム会員になってたら熱くなってどこまでも達成率を落としてたかも知れない・・・

将棋ってホントにメンタルに来ますね(;´・ω・)



こうなったらトコトン深浦康市と将棋ウォーズ戦いますよ。
果たしていつになったら勝利出来るのでしょうか。



PS.あと、折角の縁なんで今日から深浦ファンになります。。。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

将棋ウォーズ棋力別分布図について調べてみた

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋ウォーズやってるとやはり色々知りたくなるもので、どんな棋力の人達がどれくらい参加しているのだろうとか気になって仕方ありません。普通は気になりますよね?体感的に自分の所属する初段はユーザー層が大変厚いクラスだと思うのですが実際の所はどうなのか?色々気になったので調べて見ることにしました。

まず、どうやって調べるのかですが過去の大会で「将棋ウォーズ段級位最強戦」というイベントがあるのですが、平成27年12月8日から12月20日に行われた第14回将棋ウォーズ段級位最強戦の結果から考察することにしてみました。こちらは期間中に対局すれば自動的に参加する仕組みになっていると思うので、実質的なアクティブユーザーの人数も分かるので興味を持って調べてみました。会員数が200万人近いとも言われる将棋ウォーズですが、実際のアクティブユーザーはいかがなものでしょうか。

第14回将棋ウォーズ段級位最強戦の最終結果から各クラス別の参加人数は下記の通りになりました。


六段以上 ・・・   313人

五段    ・・・   720人

四段    ・・・  1,411人 

三段    ・・・  3,265人

二段    ・・・  6,952人

初段    ・・・ 12,071人

1級     ・・・ 16,314人

2級     ・・・ 18,187人

3級     ・・・ 14,645人

4級     ・・・  9,241人

5級以下  ・・・  5,793人

合計    ・・・ 88,912人



大体予想通りと言ったところですが、2級が一番参加人数が多いんですね(´・∀・`)ヘー
初段から3級までの層が分厚くてこの辺りはマッチングに苦労することは無さそうです。二段から極端に層が薄くなって初段から二段にまず壁が存在するようです。同じクラス内でも達成率によって幅があるのですが、とりあえず二段なら将棋ウォーズ村の上位15%以内ですからこれを目標にしたいですね。こうして見ると初段から3級辺りまではそれほど棋力差は無いのかも知れません。逆に五段とか六段以上は非常に稀有な存在で特別天然記念物級なんですね(笑)

三段以上になると極端に人数が減るのでここが一つのステータスという気がします。
いやぁ、遠いな~(;^ω^)

今回のサンプルは12日間のデータですが、それにしても参加人数は89,000人程度ですから登録会員数との乖離は著しいと思います。これはやっぱり複アカ問題なんだろうなと思います。つまり一人で複数アカウントを所有する行為ですが、現状ではいくらでも作ろうと思えば作れちゃいます。運営的には好ましくないような記述を見た気がしますが、個人的には若干寛容的な立場です。1日3局までは課金なしなので複アカでナンボでも指し放題になって色々問題が生じるのですが、特に高段者はマッチングに苦労するので運営的にも本音は複アカでもなんでも参加して欲しいのでは無いかと思ってます。

もうこうなったらプレミアム会員限定で複アカを公式に認めちゃったらどうですかね?例えばプレミアム会員は月100円プラスで1アカウント(指し放題)複アカ買えるとかね。やっぱり複アカで色々試したくなるのが人間と言うもので、「振り飛車専用アカ」とか「酔っぱらい指し専用アカ」とかLINEでグループ分けするような感覚で認めてくれると結構喜ぶ人いるんじゃないでしょうか。

将棋ウォーズの企画も結構マンネリ化している傾向に見受けられるので、あまり現状にあぐらかいてると直ぐに新興勢力に将棋ユーザー持っていかれる可能性も無いとは言い切れません。だから将棋ウォーズには頑張って貰いたいんですよね。

最後に棋力別の偏差値みたいなものを簡易的に出してみました。
まあ、4級と3級の差と四段と五段の差が同じとも思えませんし、将棋ウォーズには棋神があるのでその利用割合によっても全然結果は違うでしょうが、その辺のあまり細かい事は気にしないで計算してみました。六段以上を100点満点と仮定して11クラスあるので5級以下を0点と均等に点数を割り振ってみると平均点は約34.21点になります。

んで、偏差値を計算してみると・・・




100点満点の六段以上の偏差値は83 (゚д゚)!

凄すぎワロタwww



我らが初段クラスだと偏差値58ですか。
まあこれだと最低でも二段までは行かなあきませんな~(;-ω-)ゞ

正確さは微妙なので参考になるかどうか分かりませんが、こんな見かたもあるんだな程度で受け止めて頂ければ幸いです。下記に計算した表を載せておきますね。


20160117-1

多分皆さん的にも将棋ウォーズ初段だと町の道場でどれ位の棋力なのかとか、将棋倶楽部24だとどれ位の棋力なのか気になる人もいると思います。結論からい うと何の比較にもならないと思います。将棋ウォーズは早指しの切れ負けルールだし、そもそも棋神という独特のシステムがあるので比較すること自体ナンセン スだと思います。

先日、関西将棋会館ブログでも将棋ウォーズと道場の大まかな比較をされた記事がありましたけど、将棋ウォーズの棋神なし初段関西将棋会館道場初段な印象を持ちました。こればっかりは行って実際に指して見ないと何とも言えないですね(笑)
それに将棋ウォーズの初段も3年前に達成した初段と今の初段はやっぱり違うと思いますしね。

ま、そんな訳でいずれは将棋道場に行って指してみたいとも思いますが・・・
それまでこのブログが続いていればいいのですが(爆)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

超個性的な将棋ウォーズのHashiPonaさんとKingPonaさん

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋って不思議なもので、負けが込んで熱くなってやり続けると全く勝てませんよね。これは冷静さを欠いた分だけ棋力が低下してるのかなって思います。他の人はもしかしたら違うのかもしれませんが、僕の場合はプレミアム会員になって無制限に指せるようになると間違いなくヤバイ事になるんだろうなと思いますね。連勝するのは非常に難しいのに連敗するのはホント転げ落ちるように簡単ですからね。だから無課金で対局数に制限があるのは自分的には救われます。

とは言え、何か課金出来るものがあればなぁと常々思ってます。
そもそもおっさんにアバターとか全く興味ないし、棋神も使う気はないのでホント困ってるんですよね。折角これだけ満足出来る場を提供して貰って無課金は良心が痛むというかモヤッとしますね(笑)

tsutsukana
例えば毎日棋譜並べをして個人的に敬愛して止まないツツカナさんですが・・・


「ツツカナ」ファン倶楽部とか作ってくれたら間違いなく課金しまくりますwww
ファン倶楽部に加入すると会員特典でFANの文字の入ったツツカナアバター配布とか、ツツカナさん直々にお友達登録して貰える特典とか、ツツカナさんの指導対局を受けられるとか、色々やり方があるんじゃないかと思うのですが(笑)

月500円ならマジ出しますよ運営さん? ←せこっ


そろそろ今日の本題に入りますが、最近はすっかりコンピューター将棋に影響受けまくりの管理人ですが、将棋ウォーズのPonaさん一派に個性的なプレイヤーがいる事を今更ながら知ってしまいました。色々ググって調べてたのですが、最近では次に紹介するbot達が非常にお気に入りです。


HashiPona
HashiPonaさん

時折対局されているのは知ってましたが具体的に観戦する事はありませんでした。しかし、こいつのキャラクターが超個性的。ひと目その将棋をみて一発でファンになりました(笑)

HashiPonaだから端攻めが得意なのかと思えば、何と居玉戦法で勝ちまくっているのですwww
それだけでも凄いのにほぼ0秒早指しで相手を翻弄。
10分切れ負けでも0秒指しで超が付くほどのウルトラ早指しPonaさんなのです。


観戦していてメッチャ気持ちいいですよ(;^ω^)


20150113-2
上図は先日の某四段との一戦。

見事に居玉の裸玉で攻め込んで行ってワロタw
最後も正確な斬り合いをしっかり読み切って討ち取ってました。
しかもこの局面で25秒しか使ってない超早指しっぷりは感動を覚えます(笑)


HashiPonaさんについて色々調べて見た結果・・・

20150113-3
ハシビロコウという鳥をモデルにしているようです。
「動かない鳥」として有名だそうで、なるほど全く玉を動かさない所がそっくりなのでしょう。こんな個性的なbotを企画した人は天才だと思っちゃいますがどうなんでしょうか。今ではこんなHashiPonaさんにもすっかり魂を奪われて観戦することも多いです。将棋ウォーズは本当に楽しい。


KingPona
KingPonaさん

もう一人の超個性的なbotがこのKingPonaさん。
あまりリアルタイムで見掛ける事は少ないのですが、とにかく入玉を目指すようプログラムされているらしくて面白いらしい。意味が分からないのでとりあえず棋譜を検索して並べて見る事に・・・


□_ヾ(・_・ )カタカタ



どれどれ・・・




んん???




20150113-1
ちょw


おまwww



いくら何でもやり過ぎクッソワロタwww


それ入玉目指すって言うより自殺行為やろうが。゚(゚^∀^゚)゚。


思いっきり腹抱えて笑った挙げ句、これまた一気にファンになりましたよ。
こんな個性的なbotの存在を知ってしまったら棋譜を並べずにはいられません。もう無茶苦茶なのですが、今日現在ではHashiPonaさんは弾丸六段、KingPonaさんは弾丸四段の高い棋力を維持しているのです。僕が求めてたエンターテイメント将棋がこんな所で見つかるとは感慨深いというか、本当に生きてて良かったレベルです(爆)


もう自分の将棋そっちのけでbotの追っかけやってるなんて自分でもどうかしてるとは思うのですが、将棋は楽しければ何でもいいと思ってるのでこれからも将棋ウォーズのお世話になりたいと思ってます(*´∇`*)

願わくば自分の棋力をアップさせて、いつかHashiPonaさんやKingPonaさんに将棋を教わってみたいなと夢を見てみたいと思います。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

将棋ウォーズの降段(降級)について

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋ウォーズで指した自分の将棋を解析してみると、まあ形勢判断のグラフは1局に数回はジグザグしていて、つまりどちらにも必ずチャンスが訪れるのが我々初段クラスのようです(笑)
恐らく高段者になればなるほど逆転は稀で徐々に差がついて押し切るようなグラフになってる気がします。特に将棋ウォーズは早指しの切れ負けですから最後まで諦めなければ何が起こるか分からない要素はありますが、いくら早指しとは言え2,000点近い差がついた局面も普通に逆転したりするのは情けないというか笑えないですね(´ω`;)

とにかく今は一手バッタリになるような悪手を極力指さないようにする事が目標でしょうか。


さて、今回は将棋ウォーズの降段条件について調べて見ました。
将棋ウォーズの昇段・昇級については達成度が100%になれば自動的に昇段・昇級するので比較的分かりやすいのですが、降段・降級については公式サイトのQ&Aで「ほとんどありませんが、全くないわけではないです。」としか書かれていません。つまり、滅多に降段・降級は無いようですが具体的な事は書かれていないので色々調べて見ました。


結論から先に言うと、そのクラスで500敗しており、かつ、達成率が0%になると降段・降級するようです。しかし、以前は100敗かつ達成率0%だったようなのでいつかまた条件は変更になる可能性があります。この降段・降級条件のソースはTwitterの公式アカウントのつぶやきが元になっているようです。

将棋ウォーズ
いずれにしても降段条件が大幅に緩やかになったのは歓迎です(笑)
元々達成率が0%になっただけでは降段・降級しないだけでも緩いとは思いますが、僕なんかは1日に何局も指しませんし、普通に考えたら500敗を喫しようと思えば1,000局程度は指さないとこの条件に合致しないので当分は降段の心配はしなくて済みそうです。


いや~、これで伸び伸び指せますε-(´∀`*)ホッ


しかし、将棋ウォーズフリークの皆さんだと1,000局なんてあっという間なんでしょうね。
毎日何十局も指してる強者もいますし、ほとんどの人は1年で1,000局は達成しているのかも知れません。達成率も調子の波で結構変動するようですし、目に見えないだけで毎日意外と降段・降級は出現しているような気もします。そしてもう少し突っ込んで調べて見ると、降段・降級すると段級位が一つ下がるのはもちろん達成率も20%程度になるようです。つまり初段から1級に落ちると1級の達成率20%から昇段目指して頑張らないといけないって事です。これは驚愕の事実でした。だって20%から100%にしようと思うと高い勝率を誇っていても相当な時間を掛けて指さないと達成出来ないのはリアルで指している皆さんが一番よく分かっていると思います。


昇段・昇級した時も登録直後を除けば達成率は20%程度になっているので、将棋ウォーズでは例えば1級から初段に昇段した人と二段から初段に降段してきた人と同じ強さと考えているようです。うーん、、、これは興味深い事実ですがぶっちゃけ降段・降級して達成率が20%を見たらちょっとやる気無くしますよね(´ω`;)


あと、降段したら免状申請は出来なくなるのかって事ですがググっても分かりませんでした。過去の最高段位で申請出来ればとは思うのですが、こればっかりは運営に問い合わせないと分かりません。現状の段位でしか申請出来ないようであればちょっと考えながら指さないといけないかも知れませんね。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

将棋ウォーズのbotについて

皆さん、こんにちは(^▽^)/

あっという間の正月休みも終わって鬱になってる人も多いのではないでしょうか?(笑)
この正月はあまり将棋を指す暇はありませんでしたが、気持ちを切り替えて頑張って行きたいと思います。
先日は必敗の将棋でほぼ終わってたのを、相手がうっかりで勝ちじゃないかと思う局面になったのですが結局時間に追われて負かされてしまいました。後でその局面を振り返ると簡単な三手詰めを見逃してましたorz
直感で何かあるんじゃないかと思ったのですが・・・酷すぎます(´ω`;)

さて、今回は将棋ウォーズのコンピューターbotについて触れてみたいと思います。
botはコンピューター将棋指しの事で、将棋ウォーズでは三種類のbotが存在していて、各階級にそれぞれ別れて指しています。


pona2015
ponaさん

最強将棋プログラムと名高いPonanzaのプログラムを将棋ウォーズ用にカスタマイズしたbot
比較的見掛けることが少ないのですが、個人的にこのアバターが気に入ってます。お金で買えるなら正直買いたいほど愛着あります(笑)


Apery
Aperyさん

クッソ強い将棋プログラムです。
Aperyはオープンソースとして公開されており、誰でもダウンロード出来るようになっています。
オープンソースとして公開されている将棋プログラムとしては最強クラスでしょう。
そのプログラムを将棋ウォーズ用にカスタマイズされたbotです。


tsutsukana
Tsutsukanaさん

ツツカナとして親しまれている将棋プログラムをウォーズ用にカスタマイズしたbot。
出現率は他のbotに比べると高く、Ponaさんが重役出勤だとするとTsutsukanaさんは24時間寝ずに働く技術職みたいなイメージです。コマの捌きに無駄がなく個人的に観ていて楽しい上に棋風的にも一番好きなbotです。
しかし、過労死しないか心配でなりません(;^ω^)


最近はこのbotの棋譜を並べるか観戦するのが日課になっており、自分の将棋そっちのけで魅入ってますw
プロの将棋ももちろん並べるのですが、やっぱり読みが深くて僕程度の棋力では理解が出来ないというか難解。その点将棋ウォーズは早指しなので、特にbotが活躍する弾丸や10秒将棋だとそれほど深くは読んでないと思うし、僕程度でも並べて十分参考になるんですよね。特にbotはちょっとした穴を見逃さず突いて、あっという間に優勢に持ち込む凄まじさはスカッとします(笑)
それにプロの将棋は数に限りがありますが、botは24時間稼働していますから並べても並べても追いつきませんw

そして最近思うのですが、間違いなく人間じゃなくbotを応援している自分に気がつきます。
それ位、botの将棋に魅せられてしまったのかも知れません。開発者以上にこれらbot達に愛着ある自信があります。


20150104-1
上図は1_tsutsukanaさんが八段だった頃の某四段との10秒将棋の一局面。
後手の陣形がいびつですが、恐らく稲庭にしようとして失敗したのでしょう。既に先手が良い局面だと思いますがどのように指すのか難しいところ。ここでツツカナさんは▲2四歩と持ち駒の歩を打ったのです。ん?確かに持ち歩がもう一歩あれば▲2四歩△同歩▲2三歩と打って銀を繰り出す筋はありますが、端も詰まってないし3筋の歩も切れてないしで、どう考えても突破出来るようには見えません。銀を1筋に繰り替え?いやいや、意味ないし・・・と思って並べてたら▲2四歩△同歩に▲2四同飛と飛車を走ってきました。

ん?これって手番を相手に渡す一手待ちの高等戦術か?!と思ってましたが・・・


20150104-2
△2三歩に▲6四飛車!!


これは相手もビックリしたことでしょう。
実際に並べてた自分もビックリした(;^ω^)

結果的にこれが成立するなら△2三歩では△5四歩の方が良かったのかも知れませんが、普通はこっちに回ってくるとは思ってなかったと思います。普通は成立しない筋ですが、相手の陣形など鑑みて成立しているのでしょう。本譜は△同金▲同角と進みましたが、なるほど▲同角となった局面を見ると▲9一角成と▲6二金が同時に受かりません。駒損でも攻めは切れなさそうです。相手の方も時間があれば手拍子で△同金とは取らずに△6一飛車とか粘る順もあったとは思うのですが、いかんせん10秒将棋でそこまでの対応を求めるのは酷でしょう。

プロや高段者は相手の読みを外すので持ち時間があれば普通はこのような手は鑑賞出来ませんが、早指しだとこのようなダイナミックな棋譜が鑑賞出来るので並べてて楽しいんですよね(笑)


20150104-3
結局この後もツツカナさんの攻めが爆発して完勝。
勝っても表情一つ変えないツツカナさん。。。あんたスゲーよ(;^ω^)


そんな訳でbotの将棋を並べるのは級位者でも十分ついて行けるし意義はあると思う。
それにしても強い人ほど弾丸や10秒将棋を指しますね。ホント尊敬します。
いつかは自分も弾丸や10秒将棋を指せるよう早指し力を鍛えたいなと思う今日この頃です。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
管理人の本
激指14
将棋世界
最新コメント
将棋本