実力有段者にあこがれて

将棋で実力有段者を目指すブログです。 将棋ウォーズメインで指してます。実戦は長期間のブランクがありましたが、将棋ウォーズ始めて1ヶ月の2015年12月13日に初段になりました。

将皇

将皇VSぴよ将棋 10番勝負!!【後編】

皆さん、こんにちは(^▽^)/

先日のA級順位戦は興奮しましたね。
一斉対局の8回戦は帰宅してから名人戦順位戦棋譜速報サイト(課金してますw)でリアルタイムに追ってましたけど、我らが深浦康市九段は勝って残留に向けて大きく前進しました。途中は少し苦しい局面ではないかと思われたので勝った瞬間は本当に嬉しかったな(*´ω` *)

一番印象に残ったのは佐藤(天)八段-久保九段の一戦。久保九段の執念の粘りにA級の底力を垣間見た将棋でした。あの久保九段が降級の危機を迎えているとは信じられませんがそれがA級の厳しさなのでしょう。A級の将棋は素人から見てもやはり凄みがありますね。毎年ドラマが生まれる順位戦ですが、今年のA級最終戦も大きなドラマが生まれそうな気がします。コンピュータ将棋も魅力的ですが、順位戦の魅力は人間同士の対局ならではの泥臭さがあることで、コンピュータにはA級永久に真似出来ないでしょうね(笑)

さて前置きはこれくらいにして前回の将皇vsぴよ将棋の後編を書きたいと思います。
前編を読んでない方は先に前編を読まれることをおすすめします(^^)

将皇vsぴよ

ぴよ将棋の5戦全勝で迎えた後半戦。どんなドラマが待っているのでしょうか。


第6戦


2016-02-04-1

5連敗を喫した将皇さんですが今回の第6戦目も徐々に引き離されて劣勢になります。
将皇の△2七角に珍しくぴよ将棋が悪手を指します。


▲5八玉!!



すかさず将皇が△3九金と打って 先手の銀が助かりません。以下▲4八銀、△4九角成、▲6九玉、△4八馬とぴよ将棋は何をやっているのか分からない手順で逆に将皇が優勢になりました。その後もゴチャゴチャしてぴよ将棋が嫌らしく絡んで下図の局面。将皇が疑問手連発で結構差が詰まってます。この▲1三歩に対して将皇が痛恨の大悪手。。。



2016-02-04-3


△1三同玉?!

当然ぴよ将棋はノータイムで▲3三桂成。

ここは難しいながらも△3四玉と上に逃げて上部開拓を目指すべきでした。一気に狭くなった後手玉・・・こうなるとぴよ将棋も俄然やる気を出してきます。どうも将皇は入玉を目指すのはあまり気が乗らないのかも知れませんね。


2016-02-04-2

上図はハイライト。ぴよ将棋が▲4三金と詰めろを掛けた局面。ここでも△3四玉と上に上がるのが普通の感覚だと思うのですが将皇は△4一桂。思考は一貫しておりあくまでも自陣で頑張る漢らしい選択ですが・・・

ここで、ぴよ将棋の▲1二飛成に△同玉と応じたのが一手バッタリの大悪手。
以下、▲3二銀と掛けられて先手に駒を渡せない状況&受ける持ち駒もなく敗勢になりました。

2016-02-04a

次は ▲1四香からの詰めろが分かっていても受けにくい。この局面で後手は駒を渡さないで攻めようも無いし受けようもありません。もちろん先手玉に詰みもありません。△2三馬と受けても今度は ▲1三歩が打ててしまうで詰まされますし、後手は△1五歩と受けるしか無いのですが今度はその空いた空間に ▲1四歩と垂らされて手がありません。つまりこの局面は完全な必死です。将皇も△6九飛と記念王手して ▲8八玉以下程なく投了。ちなみに△6八飛成として銀を入手しても相手に飛車を渡すと1一と1三のいずれから飛車を打つ手があってこれを同時に防げないのでダメです。


ぴよ将棋 6 - 0 将皇


今度こそ将皇さん勝てるかと思ったのですが終わってみればぴよ将棋の6連勝。
ぴよたん強えええ・・・(;^ω^)


第7戦

2016-02-04-4

先後を入れ替えた第7戦はぴよ将棋が優勢を拡大しつつ勝勢の局面。
後手は△2七銀と飛車を叱りつけて 将皇▲6八飛と逃げますがここから一気に寄せ上げます。


△6七馬!!


取るしかない▲6七同金に△5九角成とした下図の局面は先手の受けが非常に難しくなっています。

2016-02-04-5


パッと見は簡単に受かると思ったのですが、よく見ると先手玉は(1)△4七桂不成、▲同飛、△3八銀打(又は△3八銀打、▲同飛、△4七桂不成)と(2)△3八銀打、▲同飛、△同銀成、▲同玉、△4八飛車、▲3九玉、△4九馬の詰めろが掛かっており、同時に受ける適当な受けが無いかも知れません。4七の地点を守る▲4六飛や▲5七飛は受けになっておらず後者(2)の手順で詰みますし、▲4九香は(1)の手順で詰みます。本譜は▲5八角とひねって来ましたが、これも(2)の手順で△4九馬の前に△4七桂不成と入れて ▲同角に△4九馬で詰みます。

この局面、4七と3八の地点をカバーして受けるなら自陣飛車を打つしか無いと思うのですが、5筋から9筋に打つのは(1)の△3八銀打以下の手順で3手詰め。なので打つなら▲1八飛~▲3八飛のいずれかだと思うのですが、詰みは無くてもこんな所に飛車を打つようでは詰めろは続くのでダメでしょうね。

そうして僕が小一時間考えて出した結論を、ぴよ将棋はその前の数秒で指した△6七馬の時点で見抜いていたのでしょうから恐ろしいってもんじゃありません。そう考えると、こんなバケモノに僕が勝てるわけがありません。


ぴよ将棋 7 - 0 将皇


第8戦


2016-02-04-6

まさかの7連敗を喫した将皇ですが初勝利に向けて嫌らしい桂馬を打って来ました。この直前にわざわざ桂馬交換を挑んで来たので将皇の読み筋だったのでしょう。ここで▲2八歩は当たり前ですが冷静な対処でした。形とばかりに▲2七銀としたい所ですが、△6五角と打たれて目から火が出ます。飛車が逃げれば王手角取りですもんね。僕はいつもこんな手を喰らって将皇さんにいじめられてますが、さすがにぴよ将棋はしっかり読んでますねー。その後も手堅く攻めて寄せ切って8連勝。


ぴよ将棋 8 - 0 将皇




第9戦


2016-02-04-7

ぴよ将棋に8連敗を喫した将皇ですが、この将棋に関しては執念を感じました。
ぴよ将棋が一方的に攻めて投了間近と思われたこの局面ですが、以下、▲7八桂、△7二銀、▲7一飛成、△9九龍、▲2三歩、△同金、▲8八角、△8九龍、▲2四歩、△同金、▲3三銀、△同銀、▲同歩成、△3二歩、▲4二銀、△同金、▲同と、△同玉で無理やり金を入手して▲7九金と打って龍を捕獲しに行きます。


2016-02-04b


以下、△7八銀成、 ▲同金寄、△9八龍、 ▲8九銀として無理矢理に龍を捕獲!!
将皇の執念恐るべし。。。(´ω`;)


その後も懸命に粘って受けまくって遂に・・・


2016-02-04-8

将皇城を再構築www

しかし、攻め駒が一切ないので相当苦しい(敗勢)。

僕みたいなヘボ相手なら執念の受けに消耗し切ってここから間違えまくるのですが、ぴよ将棋は全く間違えずにジワジワ包囲網を絞ってしっかり寄せ切りました。ただこの将棋に関しては8連敗を喫した将皇さんの凄まじい執念を垣間見たのでそれだけで大満足でした。


ぴよ将棋 9 - 0 将皇



そして遂に迎えた最終第10戦目


2016-02-04-9

最後の対局はぴよ将棋のセンスが光った一番でした。
既に先手大優勢っぽいですが、将皇の△5七桂はどう見ても悪手で筋悪の一手。先手は以下、▲6四香、△7二飛、▲8一馬、△7三飛と飛車を追いながら桂馬を取って絶好調。そこで一転▲4八銀、△4九桂成?、▲5七銀、△5五飛と飛車を叱りつけて優勢を拡大。


2016-02-04-10

そこで▲1二香成と挟撃体制の一手で後手はあっという間に敗勢になりました。
後手の将皇もその後は飛車を敵陣に成り込んで追い上げますが・・・


2016-02-04-11

ここでぴよさんの攻めがクリティカルヒット!!

▲5三桂馬!!


ここからの収束は見事でした。
以下、△同銀、▲同歩成、△同飛、▲4五桂、△9三飛に▲6三角と打った手が詰めろになっており、あっという間に寄り形に。こんな簡単に僕の師匠である将皇さんに対して寄せてしまうものなのか・・・

ありえん。。。il||li _| ̄|○ il||l



2016-02-04c

以下、△4二金左、 ▲3三桂成と進んで見事な挟み撃ちの攻めを披露してくれました。
ぴよ将棋、10連勝まで遂に先が見えて来ました。


2016-02-04-12

ここから△6三金とすれば詰みは無いようですが、将皇は△3三同金として首を差し出します。以下、 ▲5二角成、△同玉、 ▲6三銀、△同飛、 ▲同馬、△4二玉、 ▲5三金、△3二玉、 ▲3一飛まで後手投了となりました。ちなみに ▲5二角成、△同玉に僕の第一感は ▲6一銀ですがこれも以下、△5三玉、 ▲6二銀、△4二玉、 ▲5一銀不成、△3二玉、 ▲3一金までで詰みそうです。


2016-02-04d

終わってみればぴよ将棋の10連勝!!!


結果的には圧倒的な強さで将皇を倒しました。将皇も10局を通して優勢な場面も多々あったのですが、ぴよ将棋の方が数段上と言う想像以上の強さの結果になりました。僕の師匠である将皇さんがここまで完膚無きまで叩きのめされて複雑な気持ちですが、それでも将皇の強さは誰よりも知ってますし、この結果で将皇師匠に対する信頼が失われる事は決してありません。将皇さんにはこれからも鍛えて貰うつもりですし、ぴよさんにもこれからは色々教わろうと思ってます。

それにしてもコンピュータ同士の戦いも思った以上に見応えありましたし感動もしました。
コンピュータでも悪手や疑問手は指しますし、形勢が揺れ動いたり逆転したり面白かったです。そして沢山の考えさせられる局面を題材として与えてくれて僕自身もいい勉強になりました。この両アプリも更に親しみを感じますし、今後も色々なソフトやアプリを題材に取り上げて行きたいですね。


最後までお付き合い下さってありがとうございました。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

将皇VSぴよ将棋 10番勝負!!【前編】

皆さん、こんにちは(^▽^)/

1月もようやく終わりました。
今月は対局数自体は少なかったですが、棋譜並べに詰め将棋、そして定跡を調べたりで相当詰め込んだ自信はあります。但し、棋力は上がってる自覚はありません(-ω-;)
まあ、地道な努力がいつか実を結ぶと思って頑張るしかありませんね(笑)

さて、将棋アプリのぴよ将棋の強さに衝撃を受けたので、僕が常用しているもう一つの将棋アプリである将皇とどちらが強いのか興味が沸いてきて戦わせて見る事にしましたw
こういうのって皆さんも結構好きでしょ?(・∀・)


将皇vsぴよ

将皇Lv3 VS ぴよ将棋L6 炎の10番勝負!!

( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ


ルールは簡単。単純にお互いの最強レベルで先後を入れ替えつつ平手で10番指します。
体感的にはぴよ将棋の方が棋力は上なのは分かりますが、アプリ同士の直接対決ではまた違った結果になる可能性はあります。実はとても興味津々で高見の見物としゃれ込みましたw


mate7

使う端末はHuaweiのAscend Mate 7。

スペックはHisilicon Kirin 925 1.8Ghzのオクタコア。メモリは2GB搭載でアプリの強さを十分に引き出せるポテンシャルを持つ最強機種です。


さあ、どんな結果になるのでしょうか?



第1戦目は将皇先手で始まり中盤でミスに乗じてぴよ将棋が必勝になります。
下図はほぼ終局まで時間の問題と思われた局面で、将皇が6九金を7九金と寄せて根性を見せた所。

2016-01-31a-1


ここでぴよ将棋が決めに出ます。

△7八銀!!


将皇も観念したのか ▲7八同飛。


ここでぴよ将棋はてっきり△同とかと思いきや △7三飛?!

2016-01-31a-2

ここは△7八同とで全部精算してから△7三飛で先手玉に即詰みがある局面でした。
詰めに行かないのならわざわざ△7八銀と打たなくても単に△7三飛でいいような気もしますが・・・どうもコンピュータは良く分からない時があります。終盤力、特に詰みに関する力は圧倒的ですがコンピュータもこんなミスをするとは意外です。

ぴよ将棋 1 - 0 将皇



続く第2戦目は先後変わってぴよ将棋の先手。
お互いに定跡を離れた訳の分からない中盤戦で下図の局面を迎えます。
将皇は体感的に悪手を指す確率が高く、全てを知り尽くしてる管理人はこの局面で嫌な予感がしました。


2016-01-31b


まさか・・・とは思いましたが、


そのまさかの△8七銀成!!!


出ました一手バッタリ級の大悪手。。。


ぴよさんが見逃すはずもなく、もちろん▲6三歩成から瞬殺されてました。
将皇さんは強いんだけど、どうしてもビックリするような悪手を指してしまうので本格派のぴよ将棋相手には相当分が悪いんじゃないかとこの時点で懸念していました。

ぴよ将棋 2 - 0 将皇




第3戦は将皇の先手で先程までと違って熱戦で下図を迎えます。
後手が△5三銀と打ち付けて先手の角を7五に引いて歩を取った局面。


ぴよ将棋はノータイムで駒を叩き付けました。


ここは先手玉に即詰みがあります。暇な人は考えてみて下さい。



2016-01-31c


本譜は△8六金、 ▲同角、△同龍、 ▲6八玉、△4六角、 ▲5七銀、△同角、 ▲同玉、△4七馬、 ▲6八玉、△5九銀、 ▲7九玉、△6九馬、 ▲同玉、△8九龍、 ▲7九金打、△5七桂まで後手勝ち。

 先手は△4六角に対する合駒が金と銀しかなく、金合いだと同じく切って△4七馬から△6九金の尻金で早詰みです。しかし、実はもっと早い最短手順の詰みがあります。△4六角じゃなく、△5九角と打って ▲7九玉に△6九馬以下、本譜と似た手順で11手で詰みます。ソフトは詰みを見つける能力はズバ抜けてますが、決して最短手順を追い求めてる訳ではないのは薄々気付いてまいたが顕著に表れた1局でした。

ぴよ将棋 3 - 0 将皇



続く第4戦は気落ちした将皇さんが全く良いところ無く完敗。
ここまでぴよ将棋の4連勝。まあ、強いのは分かってましたが、1手違いすらならない圧倒している4連勝なので驚きを隠せませんでした。

ぴよ将棋 4 - 0 将皇


そして第5戦目。このアプリ同士で将棋をさせると力戦模様にしかなりません(笑)
下図の局面は何気に序盤ですが、先手の将皇が飛車先の交換を拒否して何気なく角を上がった局面。
こんな悪手をぴよ将棋が見逃すはずはありません。



2016-01-31e-1


△6五歩!!

銀を逃げる一手で角交換必死の状況ですが、実はこの局面は7七で角交換してしまうと8八に角を打ち込まれる傷があるので同金とは取れないのです。



2016-01-31e-2


同金と取れない先手は ▲7七同桂。。。
桂馬で取ったので後手は飛車先の歩が切れます。以下、△8六歩、 ▲同歩、△同飛、 ▲8七歩、△8四飛と引いて待望の一歩を手に入れます。お互いに7筋の桂頭は弱点ですが後手は8四に飛車を引いて先受けしています。次は何が何でも△7五歩を狙います。


2016-01-31e-3

ところが将皇さんは危機感が全く無いのか ▲3六歩と緩手を指してしまいます。
ここは ▲3六歩に代えて ▲6五桂、△同桂、 ▲6六角と勝負手を出した方が良かったようです。それでも全然悪いのですが、本譜はこの後一方的な展開になってしまいました。




2016-01-31e-4

後手のぴよ将棋は当然このチャンスを見逃すはずもなく△7五歩。これが入るともう 先手は収拾がつきません。将皇は桂馬を助ける為に ▲6六歩と突きますが以下、△7六歩、 ▲6五桂と進みますが・・・


2016-01-31e-5

当然△7七歩成が入って勝負あり。

以下、 ▲同金、△8八角、  ▲9五角と粘りますがあっさり△7七角成(詰めろ)と取られて ▲同角に△8七飛成と簡単に8筋を突破されてあっという間に先手玉は寄せられてしまいました。それにしても、ぴよ将棋のこの筋の良さは恐ろしい。あの強い将皇さんが5連敗を喫するのを目の当たりにして信じられない気持ちとスゲーと思う気持ちが合わさって複雑でした。

何がともあれ5連敗を喫した将皇さんですが、後半に巻き返しはあるのでしょうか?
次回の記事は第6戦から第10戦の模様をお伝えする予定です。






にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

将棋アプリ「将皇(しょうおう)」が凄い

皆さん、こんにちは(^▽^)/

将棋の強い人は脳内に将棋盤があって完璧に再現出来るようですが正直羨ましいです。せめて4マス範囲内でも完璧に出来ればとは思うのですがそれも無理。ぼんやりとは見えますが、完璧に脳内で再現出来ません。プロ棋士はほぼ再現出来るみたいですね。イベントで目隠し将棋とかされるのですが、いつも「この人、人間じゃねー」って思っちゃいますもん。

ところが、先日夢の中で将棋盤が出てきてほぼ100%綺麗に再現出来たのには驚きました。何故か真っ黒の将棋盤に白い線が引かれており神秘的な将棋盤。全ての駒がハッキリ映っており、角の利きも全部ハッキリ見えてました。脳内将棋盤が出来る人はこんな感じで見えてるんだなと感じた一日でしたが、当然夢から覚めると脳内将棋盤なんて出来ませんしガッカリ感もありましたが、夢の中とは言え脳内将棋盤が完璧に体感出来たのは満足感がありました。


閑話休題


今日はまたまた将棋アプリの話題を記事にしてみたいと思います。
と言うのも管理人が使ってる将棋アプリ将皇が自分の棋力上達に今一番合ってるアプリなので書かずにはいられません(笑)
ちなみに将皇は「しょうおう」と読むらしいです。最初はショーコーと思ってたのですが、どこかの反社会的勢力を想像してしまうからなのか「しょうおう」と読むらしいのでそう読んであげましょう。この将皇がこれまたクッソ強くて僕の棋力上達に欠かせないアプリなのです。


20160107-1
iOS版とAndroid版のどちらもリリースされており何と無料なのです。
アプリ版の他にPCのFlash版も存在しており、そちらの方はアプリ版よりも強いとの噂です。しかし初段程度ならこのアプリ版で十分。アプリなので手軽に楽しめますし、本当にこいつ強いです(;^ω^)

こちらの画面は便宜上iOS版ですがAndroid版も似たようなトップ画面になります。
将皇は普通のCPU相手の対局の他に、このアプリオリジ ナルの実戦詰将棋勝ち切れ将棋が用意されていてこいつがかなり使えます。実戦詰将棋と勝ち切れ将棋の出題は毎日更新されているので僕はこれを解くのを日 課にしています。地道に毎日解いてたら確実に棋力アップにつながると思っています。

とは言え、強さは端末のスペックに依存するようで将皇の強さを堪能するなら最新スペックの機種を使いたい所です。まあ、せめてRAMは2GBは欲しいとは思います。


20151227-1
僕が使うのはHuawei Ascend Mate7。
オクタコアCPUにRAM2GBの強力スペックで将皇さんの性能を存分に発揮してくれます。




20160107-2
CPUとの対局モードでは、先後を選択出来るのはもちろん手合も選べます。平手だけでなく駒落ちで10枚落ちまで対応しています。僕は平手でしか指した事が無いので正確なレビューは出来ませんが、正にどんなレベルの人も遊べるように配慮されているのは素晴らしい。また、コンピュータの強さも5段階もあって、自分の棋力に合った強さを選べるのでほとんどの人は満足出来ると思います。

僕は将皇さんのレベル3で毎日平手で対局していますが、
マジでクッソ強いです(;^ω^)


特に将皇さんがハマった時の強さは本物。受けが嫌になるくらい強いし、終盤も超手数の詰みをしっかり逃しません。

これが無料ってマジかよ・・・il||li _| ̄|○ il||l


しかし、強さにムラがあるのかとんでもなく弱いと感じる時もあるし、戦型によっても得手不得手があるようで何とも評価しがたいのですが、まあ間違いなくこいつのレベル3に数十局指して勝ち越せるなら将棋ウォーズ初段は保証します。そもそも初段の僕がコロコロ負けるので間違いないです。

将皇に関しては持ち歩を成り捨てては打っての繰り返しで、持ち歩を全部プレゼントしてくれる謎のバグがあるのでこれは何とかならんのかなぁとは思います。まあ、プレゼントされた上にボコボコにされた日には精神的にかなり凹みますw


20160107-3
詰将棋は実戦形式で出題されて、毎日難易度別に4問出題されます。
実戦形式なので比較的簡単で解きやすくなってます。また詰め手順も1つで無いことが多く、初級なのに超手数で詰めたりとか良くあります。解法は一つで無駄のない詰将棋作品も良いですが、こちらは正に実戦形式そのものなので棋力アップに大きく貢献してくれる気がしますよ。


20160107-4

いかにも実戦で現れそうな局面が出現します。
待ったもいくらでも出来るので、難しい問題もとりあえず駒を動かして考える事も可能。


20160107-5
どうしても解けないなと思えばヒント機能を使えばアドバイスしてくれます( ・∀・)


20160107-6
この日の問題はなかなかの良問でした。
もちろんヒント無しで解きましたよ。←一応初段なので(笑)


20160107-7
こちらはもう一つの目玉コンテンツである勝ち切れ将棋。
ある局面を出題されて、そこから自力でCPUと指して勝ちを目指します。局面自体は大体優勢から勝勢に近い局面が出題されるので勝ちやすくなってますが、油断するとあっという間に負かされてしまったりします。過去のプロ棋戦の対局から出題されたりするので結構燃えます。


20160107-8
掲示板も用意されていて、勝ち切れ将棋の棋譜を貼り付けて自慢するこ出来ます(笑)
但し、こちらはPC版のみの機能との事ですが何故かiPadでは投稿出来たりします(^ω^)
僕も最近はたまに投稿したりしています。


個人的には将棋は少し自分の棋力より上の人と指すのが上達の鍵だと思ってます。人間だとなかなかそんな都合のいい人は周りに居ないものですが、将棋ソフトやアプリだと色々な強さの物が存在するのですぐに見つかります。僕の場合は将皇さんがそんな感じのアプリなのでいい目標になっているようです。負けっぱなしだとやる気無くしますし、勝ちっぱなしでも棋力は向上しないので、皆さんも好敵手と呼べるアプリを探してみてはいかがでしょうか?





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
管理人の本
激指14
将棋世界
最新コメント
将棋本